個人情報の保護 | サイトポリシー | サイトマップ
 その1 スパムおむすび
はじめまして、インパック新人の北海道出身の大坂と申します。
HPの写真の通り食べ物にはうるさい僕ですので、今回は僕達の元気の源
スパムおにぎりをご紹介いたします。

まず、スパムとは何か、、、
ずばりランチョンミートの缶詰です。
スパムは1937年に誕生、欧米では一般的な食品で特に米ハワイ、グァム、ミクロネシアで消費量がもっとも激しい地域として知られています。

日本でもよく沖縄等で食されており、主に第二次世界大戦以降の米軍占領下時代に豚肉が手に入りにくくなったため配給物資としてスパムが提供され広まったそうです。よくチャンプルー料理などに使われてますよね。

スパムと言えど色んな種類があり、スパムおにぎりにはスパムクラシックが使われてますが、その他にも(チーズ・ガーリック・タバスコ・減塩バージョン・テリヤキなど他にも沢山の種類があります。ちなみに僕のお勧めはタバスコ味です。

でわでわスパムおにぎりの作り方を説明いたします。

材料:スパム・銀シャリ・海苔

作り方:銀シャリおにぎりの上に焼いたスパムを乗せて海苔を巻けば完成!!

簡単すぎます!!またアレンジとして薄焼き卵を挟んだり、昆布の佃煮を入れたりするとひじょーーに美味です!

注意事項:スパム自体塩気が強いので銀シャリおにぎりを作る時は塩を使わず作                 って下さい。                                                            
ちなみに午前中ならほとんどのパラオのスーパーマーケットで$1-1.5で販売されてます。
日本のコンビニで売られているおにぎりより重量感たっぷりで、力がみなぎってきます! たぶん・・
このスパムおにぎりは私どもインパックスタッフの朝飯の定番になっております。

皆様、パラオへお越しの際はスパムおにぎり、是非、ご賞味あれ!!
   とってもジャンクです!(笑)  


     

前のページに戻る